CHECK

事故物件の買取を成功させたい!知っておくべき情報を分かりやすく紹介します

こちらのサイトは、事故物件の売却を検討している中で必ず知っておかなければならない情報を分かりやすくご紹介しており、これを把握することで買取の成功率をアップさせることも可能になります。
一般的は市場価格を下回る金額になるのですが高く売るコツが存在しているのでその方法についても触れることにします。
また、売却するときには専門業者を使うことが大切なのですが、その理由についても解説するので参考にされると良いでしょう。

事故物件の買取を成功させたい!知っておくべき情報を分かりやすく紹介します

事故物件は大きく分けると心理的瑕疵や物理的瑕疵などの種類がありますが、自殺や殺人などは心理的瑕疵で雨漏りや白アリなどは物理的瑕疵になります。
いずれもマイホームを購入側からすると避けたい不動産になってしまうので、事故物件を保有していると売却ができないイメージになってしまいます。
しかし、事故物件を専門に買取する不動産会社もあるので売却ができないわけではありません。
この場合、買取を成功に導くためにも1社で買取先を決めるのではなく数社に見積りの依頼が大切です。

事故物件は風評被害が価格低下の要因

通常の物件ですと基本的に査定などを出すときは、立地条件や建物の状況などが影響してきますから、基本的には立地条件などに優れていると高値で売却することができます。
事故物件になると立地条件なども当然ながら査定には影響してきますが、事件が起きていることで風評被害が起きていると考えられるので、それが影響して価値が暴落するような可能性が高いです。
事件などの内容によっては、世間を騒がしているようなこともありますから、そのようなケースになると風評被害も大きくなるようなことが考えられます。
ただそれだけでなく基本的に買主を見つけるのが難しいような特徴もあり、それは不吉な感じだったり心霊現象などにリスクを感じるようなことも影響しているはずです。
そのため事故物件になるといろいろな悪条件が重なることになりますから、査定額が安くなるような可能性も高いので、通常の同じような立地条件の物件よりも、半分程度の査定額になってしまうようなことも珍しくありません。

事故物件の買取実績が多い業者に依頼しよう

自分の保有する不動産が事故物件となってしまった。
そんなときは、事故物件売却実績を持つ不動産や、事故物件買取専門業者に相談することをおすすめします。
不動産会社の中には、すでにこうした「心理的瑕疵」を持つ物件の売却を手掛けている会社が存在するのです。
一般人が物件の事故の発生時期と場所を伝える「告知義務」を行い、直接買主に販売するのは難しいことと言えます。
実績のある不動産であれば、「告知義務」も把握しているので安心して売却を任せることが可能です。
知っておきたいポイントとしては、いくら売却の経験を持つ不動産会社であっても、事故物件の相場は低いことが多いということでしょう。
通常の自然死や孤独死でも、2割から3割は通常価格から下落した値段になります。
より「心理的瑕疵」が大きい不動産であれば、さらに値段が下回るケースも珍しくありません。
ただし、自分で処理するためには更地にしたり、解体工事などを行わねばならず費用が莫大にかかります。
不動産に依頼することで、損失は免れることが出来るのです。

事故物件の買取をスムーズに成立させるコツ

事故物件は売れないと勘違いしている人は少なくありませんが、実は売り方により非常にスムーズに売ることができます。
複数の方法で手軽に売ることができるため、予算や自分たちの希望に叶う方法で実践してみませんか。
最も重要なのは実績のある業者を選ぶことです。
事故物件を扱うことに長けている業者に売却するなら、非常に速いスピードで契約まで進めることができます。
また、物件を扱っている業者は1つだけではなく複数存在しているため、事前に確認をして比較サイトを使い、扱っているサイトに相談したうえで利用することも重要です。
なお、手軽に買い取ってもらうためには、特殊清掃を行うことやリフォームを行うことなどを同時に実施することも必要となります。
特殊な清掃は専門の業者がいるため、事前に確認してから利用することが大切といえます。
予算に余裕があるのなら建物を改築するなど思い切った形のリフォームを行うことも、選択肢の一つです。

事故物件の買取時は相場価格を調べておく

事故保険の買取時は、どれぐらいの相場価格になっているかを確認しておいた方が良いです。
事故保険とは、例えば誰かが亡くなった場合だけでなく、その人が自ら命を捨てることを選んだ部屋のことを意味しています。
そして実行した場合には、事故物件にあたるかもしれません。
このような物件は、縁起が悪いと言われており大抵の人は避けたい傾向があります。
それ故、その価格が非常に安い可能性が高いです。
相場価格よりもかなり安くなって販売されているため、手に入りやすい反面どこかおかしいと感じた場合には不動産会社のスタッフにいちど話を聞いてみた方が良いかもしれません。
通常であれば、前に住んでいた人がそのような問題を発生させた場合、事故物件に関して不動産会社は説明をしなければいけません。
ただ、さらにそういう問題が起こるのが二代前の場合には言わなくても良いことになっています。
つまり不動産会社にも説明義務はないと言えるでしょう。
それ故、義務はありませんが怪しい場合には必ず何かあるはずです。

事故物件に関する情報サイト
事故物件売却の情報サイト

こちらのサイトは、事故物件の売却を検討している中で必ず知っておかなければならない情報を分かりやすくご紹介しており、これを把握することで買取の成功率をアップさせることも可能になります。
一般的は市場価格を下回る金額になるのですが高く売るコツが存在しているのでその方法についても触れることにします。
また、売却するときには専門業者を使うことが大切なのですが、その理由についても解説するので参考にされると良いでしょう。

Search